時計ベルト交換に失敗しないために知っておきたいこと

メニュー

2017年07月26日
時計に飽きてきたらベルト交換を考えようを更新。
2017年07月26日
スポーツなどに最適な時計ベルトの特徴を更新。
2017年07月26日
時計ベルト交換の方向性は人それぞれを更新。
2017年07月26日
時計ベルト交換に失敗しないために知っておきたいことを更新。

カレンダー

2019年3月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

時計のベルト交換

気に入っている腕時計は毎日つけて出かけたくなるものですが、腕時計は体のなかでももっともよく動く部分の一つである手首に着けるものですから、使い込むほどにどうしてもキズが入ったり、劣化してきたりしてしまいます。ある程度の劣化は逆に使い込んだ「風合い」としてプラスに見せることができますが、いつかは必ずただの「古い」ニュアンスをアピールするだけのものになってしまいますよね。
そんなときは、時計のベルト交換をしてみるのがおすすめです。たいていの場合、腕時計はベルトを他のものに付け替えて使用することができます。ベルトが古くなってしまった場合は同じ色の新しいベルトをつけることができますし、もちろんベルトの色や素材を変えることで、また新しい雰囲気の時計に作り替えることもできるのが、ベルト交換のいいところです。
最近では、わざとベルトをカンタンに取り換えられるようなデザインで時計を設計し、日によって違うベルトをつけて楽しんでもらうことを前提にした腕時計も時々見かけるようになりました。気に入って買った時計や、誰かからもらった大切な時計があるという方は、もしベルトが合わなくなっても捨ててしまうのではなく、ぜひ交換をしてみてくださいね。

時計のベルトの素材について

時計のベルトに使う素材には色々な種類があり、革やメタル、ナイロン、ウレタンなどがあります。革素材だけでも、子牛の革で出来たガーフやクロコダイル、アリゲーター、リザード、オーストリッチなどがあり、それぞれ特徴に違いがあります。革素材の時計ベルトの場合、日々のメンテナンスが大切で長持ちさせるポイントにもなります。革ベルトは天然製の場合、特にメンテナンスに注意する必要があり、タオルなどでソフトに拭くのが大切です。
また、革ベルトを毎日継続して使うと、劣化を早める原因になるので、他の時計とローテーションを組むなどして、継続的な使用を避けるのが理想です。天然製の革は夏場、汗を良くかくため使用を控えるのがベストです。時計のベルトを、天然革素材にこだわりたい時には、耐久性が強いサメ革なら季節を気にしないで使用できます。
時計のベルトは、革以外だと金属系のベルトが主流で使われています。中でもステンレス系素材が多く、耐久性にも優れていますがキズが目立つという部分があります。チタン合金のベルトは、ステンレスに比べ軽くて丈夫という特徴があり、金属アレルギーや肌の弱い人に向いている素材です。他にもラバーやナイロンなどのベルト素材があり、時計ベルトを選ぶ時には好みだけでなく、耐久性やアレルギーなども考慮して選択するのがベストです。

注目記事

時計ベルト交換の方向性は人それぞれ

年代ごとに時計のベルトにこだわり 時計を始めて腕にしたのは高校時代でした。高校時代から大学時代までは、時計のベルトは金…

くわしく見る

スポーツなどに最適な時計ベルトの特徴

腕時計ベルトの蒸れ防止策 腕時計のベルトは夏場にかなり蒸れますね。ベルト裏面と腕表面との接触面にかなりの汗をかきます。…

くわしく見る

時計ベルト交換に失敗しないために知っておきたいこと

時計のベルト交換 気に入っている腕時計は毎日つけて出かけたくなるものですが、腕時計は体のなかでももっともよく動く部分の…

くわしく見る

時計に飽きてきたらベルト交換を考えよう

時計のベルトは脇役ではない 時計のベルトはほとんど人からあまり注目されていないアイテムではないでしょうか。せいぜい時計…

くわしく見る