時計に飽きてきたらベルト交換を考えよう

メニュー

2017年07月26日
時計に飽きてきたらベルト交換を考えようを更新。
2017年07月26日
スポーツなどに最適な時計ベルトの特徴を更新。
2017年07月26日
時計ベルト交換の方向性は人それぞれを更新。
2017年07月26日
時計ベルト交換に失敗しないために知っておきたいことを更新。

カレンダー

2019年3月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

時計のベルトは脇役ではない

時計のベルトはほとんど人からあまり注目されていないアイテムではないでしょうか。せいぜい時計の引き立て役という役回りしかありませんが、時計のベルトをファッショナブルにするだけで時計全体の印象が大きく変わってくることから最近では時計のベルトにかなり工夫を凝らしているメーカーも増えてきました。時計のオリジナリティを強調するために時計のベルトをカスタマイズできるような選択肢があったり、スペアの時計のベルトをデフォルトの時計のベルトとは全く違ったデザインにするということも見て取れます。
ただし、一般的にはまだまだ時計のベルトは時計の部品くらいの感覚の人が多いのは確かで、時計のベルトがメジャーな存在になるのはまだまだ時間がかかってしまうのかもしれません。ただし、時計のベルトが脇役からメジャーになるためにはこの時計にはこの時計のベルというような先入観をなくすことが必要となります。
しかし、有名なブランド時計ではデフォルトの時計のベルト以外のデザインですと大きな違和感を感じることも確かです。特にブランド時計のメーカーが時計のベルトに工夫をしなければ、なかなか時計のベルトに付いての意識が変化しないと思われるのです。

時計ベルトを交換すると気分も変わります

腕時計のベルトというのは、ホームセンターやディスカウントショップなどにも「交換用」として置いてあったりしますから、一定の需要があるとおもわれます。しかしながら10年前、20年前からその種類はそんなに増えてはいないなという印象があります。しかし有名時計ブランドの大ヒットでプラスティック樹脂製のベルトが増えている感じはありますね。腕時計は大事に取り扱ったり、定期的にメンテナンスをしてやれば、軽く3、40年使用できるものです。
私は実際に30何年か前に親に買ってもらった腕時計をまだ持っていますし、使用もできます(デザインはやはり古臭く感じますので使用はしませんが自動巻きのもので国産です。)現在の腕時計事情はどうなっているでしょうか。針式のものから自ずと電池式になったデジタル腕時計は、大量生産により、どんどん安くなり、へたをすると電池を交換する手数料より安い価格で買うことができるようになりました。ですから「電池が切れたら新たに購入する」という人も中にはいます。
また「ベルトが切れたから買い換える」という人も実際います。さすがに高機能のデジタル時計ではそんなことをする人はいないとおもいますが、時計は大事に扱いたいもの。ベルトを交換するとまたはめ心地がよくなったり、見た目の印象も違ってきたりしますから、この時計にも飽きてきたなと感じたら、ベルトを交換することも一考の余地があるとおもいます。

注目記事

時計ベルト交換の方向性は人それぞれ

年代ごとに時計のベルトにこだわり 時計を始めて腕にしたのは高校時代でした。高校時代から大学時代までは、時計のベルトは金…

くわしく見る

スポーツなどに最適な時計ベルトの特徴

腕時計ベルトの蒸れ防止策 腕時計のベルトは夏場にかなり蒸れますね。ベルト裏面と腕表面との接触面にかなりの汗をかきます。…

くわしく見る

時計ベルト交換に失敗しないために知っておきたいこと

時計のベルト交換 気に入っている腕時計は毎日つけて出かけたくなるものですが、腕時計は体のなかでももっともよく動く部分の…

くわしく見る

時計に飽きてきたらベルト交換を考えよう

時計のベルトは脇役ではない 時計のベルトはほとんど人からあまり注目されていないアイテムではないでしょうか。せいぜい時計…

くわしく見る